www.classcom.biz

始めて知った。バンクーバー朝日軍

朝日は1914年(大正3年)に結成され、5年目の1919年に、マイナーリーグにあたるインターナショナル・リーグで優勝します。この頃のチームは、1軍〜5軍で構成され、1軍は「タイガース」それ以外は下から「クローバーズ」「ビーバーズ」「アスレチックス」「カブス」という愛称を持っていました。
1921年に、朝日は日本に遠征をしますが、本体のチームは結局4人の白人を加えての遠征となりました。遠征における朝日の試合経過や結果は「守備はともかく打力がさっぱり」と酷評されていました。
帰国後、朝日はチームを再編成し、ブリティッシュ・コロンビア州各地の白人チームから有力な選手を引き抜く一方、堅い守りとバントやエンドランなどの緻密な機動力を駆使する『Brain Ball』(頭脳野球)と呼ばれた戦術を編み出しました。1926年に朝日はターミナル・リーグで優勝を果たし、その後1930年と1933年にもリーグ制覇を遂げた。知りたいことはこちら→バンクーバーの朝日←ここを見て。

 

1941年、第二次世界大戦が始まると、選手達は戦時捕虜収容所や強制疎開地などに送られ、朝日はチームとしての歴史を閉じる。
今年、映画化が決まっている題材である。